CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
African Ceremonies
African Ceremonies (JUGEMレビュー »)
Carol Beckwith, Angela Fisher
RECOMMEND
住居集合論 I
住居集合論 I (JUGEMレビュー »)
東京大学 生産技術研究所 原研究室
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ホームページ リニューアルしました。 | main | N clinic 上棟 >>
M-house 内外装下地工事
上棟から1ヶ月後の風景(6〜7月)。
内部外部とも設備工事と並行しながら下地工事が進みます。
アルミサッシも設置済み。



階段部吹抜。
通常の木造建物より防火性の高い準耐火建築としているため、断熱材にはロックウールを使用。



外部の工事もどんどん進んでいきます。
梅雨本番前に下地防水工事が間に合いました。
この状態で雨にあたるのは、一種の耐水試験にもなる。



LDKの大型サッシは特注部材が多いため、もう少し後になってからの取り付け。
納りの難しい箇所は1/1スケールの図面を描いて打合せ。



暑くなり始めましたが、この現場は涼しい。
想定通り風が抜けている。



各種設備配管工事もどんどん進みます。
この段階で誤りを見つけないと、のちのちダメージが大きくなる。
構造部材を痛めていないかも注意して確認。



今しか上がれない屋根の上。
どの建物でも特別な場所。
| コウジ | 01:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんにちは。

だいぶ出来上がってきましたね。

オープンハウスを楽しみにしています。
| catch the sky | 2012/08/28 6:29 AM |
こんにちは。
また少し間があいてしまいblogが追いついてませんが、現在は内装がどんどん進行中です。
妻のblogにもコメントありがとうございます。(笑)
| oba | 2012/08/28 1:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.obase-arch.com/trackback/974387
トラックバック