CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
African Ceremonies
African Ceremonies (JUGEMレビュー »)
Carol Beckwith, Angela Fisher
RECOMMEND
住居集合論 I
住居集合論 I (JUGEMレビュー »)
東京大学 生産技術研究所 原研究室
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< snow (2008'1morocco) | main | ジョウショウハウス >>
Azrou (2008'1morocco)
フェズへの道中。
アトラスを下ってくると、アズルーのアトラスシーダーの森に。
azrou02

するといました。
猿です。

世界一平和な猿と言われるバーバリーマカク。
見た目も大きさもほぼニホンザル。
動きもニホンザル。

ガイドブックには「運がいいと」かかれていましたが、この日は何匹も道路付近まで現れ、いろいろな観光客が観察をしていました。

モロッコでこのような直木を見ることはあまりない。
古くから建材として貴重な木であるというのもうなずける。

azrou01

ヨーロッパ人の観光客がフランスパンか何かを与えていました。
警戒しながら寄ってきて、さっと取る動作。
やっぱりニホンザルと同じ。


雪とセットの風景はこちらが思う以上に珍しいのかも。
ガイドのおじさんも内緒で連れてきた我が子&猿&雪の写真を一生懸命撮っていました。
「日本でも雪が降るのか」と聞かれたので、
「3m積もった雪を見たことがある」と答えると、冗談かと思ったようです。
温泉に入る猿もいるよと言おうと思いましたが、とても信じてはくれなさそうなのでやめました。
| morocco 2008 | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.obase-arch.com/trackback/974358
トラックバック