CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
African Ceremonies
African Ceremonies (JUGEMレビュー »)
Carol Beckwith, Angela Fisher
RECOMMEND
住居集合論 I
住居集合論 I (JUGEMレビュー »)
東京大学 生産技術研究所 原研究室
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< Er rachidia (2008'1morocco) | main | snow (2008'1morocco) >>
Midelt (2008'1morocco)
モロッコ旅行編。

ミデルトの町で昼食休憩。
こじんまりとしつつも少し近代化された街並み。町の人の服装もわりと現代的。レストランはおそらく街道に面した町のちょっと良さ目のお店。平日なのでお客さんはちらほら程度。

midelt01
まずはたっぷりのサラダ。これだけでおなかがいっぱいに。
野菜がどれも瑞々しい。トマトなどは乾燥している地域のほうが果実に水をためる。
一番驚いたのが手前に盛られた赤い野菜のビーツ。日本ではロシア料理でお目にかかります。これが今まで食べたことがないほど水分を含んでいてしかも甘い。本当(?)はこんな野菜だったのかとただただ驚く。
町の雰囲気的にそれほど期待はしていなかったけれど、うれしい誤算。

midelt03
アラカルト。どことなく庶民的。でも日常の料理がもつ当たり前のおいしさがありました。

midelt02
メインのチキン。カレー風味に味付けされていました。アラカルトを含めて混ぜればタジンと一緒ではと思いつつもおいしくいただく。

midelt04
デザートは甘酸っぱいフルーツの入ったヨーグルト。

胃が疲れ気味でしたが、ほぼ完食。
| morocco 2008 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.obase-arch.com/trackback/974356
トラックバック