CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
African Ceremonies
African Ceremonies (JUGEMレビュー »)
Carol Beckwith, Angela Fisher
RECOMMEND
住居集合論 I
住居集合論 I (JUGEMレビュー »)
東京大学 生産技術研究所 原研究室
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< U-house 基礎工事 | main | Midelt (2008'1morocco) >>
Er rachidia (2008'1morocco)
久しぶりのモロッコ旅行編。気づくとモロッコに行ってからもう2年経ってしまった。
でも強烈な記憶はなかなか褪せない。
(今までのモロッコ編はこちらまで、http://blog.obase-arch.com/?cid=8096

メルズーガからフェズへの道中編。
車からの風景。

er_rachidia08
エル・ラシディア付近の山の上。
カスバ(「砦」や「城郭」、「要塞」。権力者の館。)かクサル(要塞化された住居)の跡のようなものが。
もしくは偶然の岩の造形?

er_rachidia09
草原に建つ一軒の家と給水等。なんだか妙に均衡がとれた構築物と風景に思わずシャッターを押す。

ait_koujmane02
一山越えて、また新たに広大な風景が現れる。砂埃で霞む地平線。
遠くには次に越えるアトラス山脈の一端が見えてきました。上の方には雪も。
乾いた風景と雪。ちょっと感覚的に違和感。

ait_koujmane03
ところどころの小山に大きな文字が描かれています。場所によってはかなり巨大なものも。
ドライバーに尋ねると、神の名や言葉を記しているらしい。モロッコ南部はイスラム信仰の厚い地域。あちらこちらに偉業が。
| morocco 2008 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.obase-arch.com/trackback/974355
トラックバック